初めての確定申告終わりました!やってて良かった6つのことと、今後気をつけたいこと

2016年3月11日
個人事業

今週の頭に確定申告書類を提出しました。1月末にはほとんど完了の状態にしておいたのですが、ちょうどその頃から年度末の仕事が入り、提出はぎりぎりに。ただ、昨年末から色々調べておいたお陰でスムーズでした。確定申告を終えて、やっておいて良かったことや今後気をつけたいことについてまとめます。 自分でやる?税理士さんに任せる? まず、前提として自分でやったほうがいいのか?税理士さんに任せたほうが良いのか?ということを考える必要があります。私の周りのフリーランスの方は、「自分(もしくは奥さん)がやっている」「税理士さんに全部お願いしている」の半々です。知識ゼロの状態から初めると、調べたり、間違えてやり直したりするとそれなりに時間がかかります。本業に専念したほうが良いと思う方は税理士さんにお願いすることをお勧めします。私の場合は、Webの仕事なので領収証の整理がそんなに大変ではなく、確定申告を一度自分でやってみたい気持ちがあったので、今回は自分でやりました。 2月に入ると税理士さんの事務所も混みあうらしく、もしお願いするなら2月より前が良いかもしれません。 確定申告前にやっておいて良かったこと 確定申告やフリーランスの節税本を読む 個人事業を始めた際に書籍を2冊購入しました。フリーランス仲間には「本は読まないでWebで全部調べる」という人もいますが、私は本派です。検索ももちろん活用しましたが、必要情報を網羅できるのは書籍です。 フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第2版 大村 大次郎 ¥1,706 確定申告をする際に、「そもそも確定申告ってなに?」というレベルの私でも理解できる内容で大変役立ちました。経費に出来るもの・出来ないものの区別や、控除について知識が身についたと感じます。 <新版>らくらく個人事業開業のすべてがわかる本 東京シティ税理士事務所 ¥1,470 開業届や青色申告の届けを出す際に参考になりました。節税や記帳の方法も色々書いてあるのですが、私は売上や経費の管理はfreee(フリー)を使っているのでこの部分はあまり参考にしていません。 webサイトでよく利用したのは、経営ハッカーとMFクラウド公式ブログです。

フリーランス生活と後回しにしがちな経理関係の業務

2016年2月29日
個人事業, 日記

社会人になってから(特に5年目以降)、時間が過ぎるのが恐ろしく速いです。ちょっと前に月初になったと思ったら、あっと言う間に月末。前職の会社の先輩が「ここ10年くらいで結婚、出産…色んなライフイベントがあったはずなのに数年の出来事に感じる」と言っていたこともありました。わたしは働くことが大好きなのですが、一日を振り返ってみるとほぼ仕事で埋まっているので、仕事ばっかりにならないように気をつけなくてはと感じています。 月末の経理作業も同様で、「まだ月半ばだから大丈夫」と思っていたら、いつの間にか月末に。今日は源泉徴収税の支払いや、事務所兼自宅の更新料の振込、各種社会保険が引き落としされているかの確認、光熱費・通信費の支払い、月末の請求書作成などをまとめて行いました。大した作業じゃないのに進みが遅く、ちょっとがっかりです。 1designは佐藤名義で屋号を取得していて、あとから遅れて会社を辞めた王は「青色事業専従者」として給与を支払っています。これは節税の一つでもあり、配偶者を給与支払い対象者として申請すると、お給料分を経費にすることができます。ただ、給与を支払ったら、その給与から源泉徴収をして税金を納めないといけません。いかねばいかねばと思いつつ後回しにしていて、今日ようやく振り込んできました。特例の申請書を出すと半年に1度の納税で良いため、来月以降は振込の必要は当分ありませんが、税務署からもらった振込用紙は銀行に行かないと使えないらしく、2駅先の三菱東京UFJ銀行まで行って来ました。面倒です。 普段慣れている作業であれば手順も頭に入っていて速いのですが、慣れていないと手順を思い浮かべながらやらなければいけないので、スピードが遅いです。集中力も低下していました。慣れていないものは、慣れるまで出来るだけこまめに作業を進めたほうが良いなと今日の出来事から学びました。具体的には、「郵便物が届いたらすぐ開封」「振り込み系は手元に用紙が届いたらすぐ振り込む」「書類はファイルに必ず分類」「請求書作成日を決め、案件がスタートしたら請求書発行日のGoogleカレンダーにメモ」などです。 確定申告も、8割型終わらせて今は年度末のかけこみ案件に追われています。まもなく確定申告書類も提出予定です。今年の半生を来年に活かしていけると良いな。 よく読まれている関連記事 フリーランスになって劇的に改善された10のこと フリーランス1年目の確定申告:準備編 この本おすすめです! フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第2版 大村 大次郎 ¥1,706 確定申告をする際に、「そもそも確定申告ってなに?」というレベルの私でも理解できる内容で大変役立ちました。経費に出来るもの・出来ないものの区別や、控除について知識が身についたと感じます。 <新版>らくらく個人事業開業のすべてがわかる本 東京シティ税理士事務所 ¥1,470

剣道のLINEスタンプ販売を開始しました!

2016年2月26日
個人事業, 制作実績

先日作った剣道スタンプの販売がスタートしました。販売ページはこちらです。 取りあえず作ってみたい!というのがあったので、剣道やっている人しか分からないこととか、道場の内輪ネタが多いです。次に作るときはもう少し広く使ってもらえるスタンプを作ろうと思います。 作ってみて大変だったこと 色塗りが面倒くさい! スタンプを自作する場合、40個のイラストを描かなくてはいけません。40個の下絵はさっと描けたのですが、そこから下絵を取り込んでトレースして、色付するのはかなり面倒でした。画像の形式がPNGのため、最初に白く塗りつぶしてその後まわりを透過させなければいけないことも面倒でした。 スタンプのバリエーションが思いつかない! スタンプを作成すると、友達との会話でどんなスタンプが使われているか、使い勝手が良いかということを意識するようになります。 次回作る時、これは入れたい!と思うスタンプのバリエーションを下記にまとめます。 挨拶系 おはよう おはようございます ※敬語とタメ語があると使いやすい気がしました こんにちは こんばんは よっ! ※ただの挨拶。時間帯を選ばないので使いやすい 感情系 ありがとう ありがとうございます ※これも敬語とタメ語があると使いやすい気がしました

フリーランスになって劇的に改善された10のこと

2016年2月2日
個人事業

フリーランスになってから8ヶ月が経ちました。社会人になってから3回転職をして会社には4社勤めましたが、フリーランスでの働き方が一番向いていると感じます。何事にもメリット・デメリットがありますが、私の場合はメリットの方が断然大きいです。今回の記事では、フリーランスになって良かったこと、生活・仕事面で改善されたことをご紹介します。これからフリーランスを目指す方に役立つ内容になれば幸いです。 フリーランスになって劇的に改善された10のこと 1. 満員電車通勤がなくなった上に昼寝の時間ができた 都内に勤めていると満員電車通勤は宿命とも言えます。電車の中で読書はできず、できてもスマホでのニュースチェック。乗車率120%の電車に30分以上揺られるのはかなり疲れます。特に社会人になりたてのころは、毎日決まった時間に満員電車に乗るのは大変でした。 対して、フリーランスになると基本自宅業務ですので、満員電車通勤とは無縁になります。さらに、ちょっと疲れを感じた時は昼寝をすることも。少しの睡眠で集中力が高まるので効率的です。 2. 家族との時間が増えた 仕事の時間に融通が利くようになると、家族との時間も増えます。私の場合は夫の王が青色事業専従者になっているため自宅で一緒に仕事ができることも大きいです。また、会社員時代は朝8時に家を出て、帰宅が22時を過ぎることも多々ありましたが、その間ずっと犬と猫をお留守番させていなくてはいけません。フリーランスになると、仕事の合間で(邪魔をされるので)一緒に遊んであげたり、家の中を自由に歩き回らせてあげることができます。 3. 仕事内容、仕事相手、働く時間…仕事の幅が広がった フリーランスになって仕事の内容面で大きかったことは、やりたいこと・やりたくないことをある程度、自分の裁量で選別できるようになったことです。会社に勤めていると(特に大企業の場合)、上司の方の了承を得ないと仕事が進まず、説明のための資料作り、会議設定など何かと時間がかかりますが、フリーランスになってからはどんどん自分で決められるので仕事の進みが速くなりました。その分、責任もありますが、私は自分で進めるほうが性格的にも向いていますし、自分の経験としてもプラスになると感じます。また、組織の中にいるとどうしても合わない人がいるかと思いますが、フリーランスの場合は、合わない場合は次回から一緒に仕事をしないという選択もできます。 仕事をする時間を選べるようになった点も大きいです。9時から18時まで…など時間に制約がありその時間ずっと拘束されているよりも、数時間集中してあとは力を抜く、という働き方のほうが生産性高く動けています。 4. 読書と情報収集の時間が増えた ベンチャー・経営支援、経営改革をしている赤羽雄二さんに「毎朝晩、30分ずつ情報収集をしたほうが良い」と奨められていたのですが、会社員のときはなかなか時間を確保することができませんでした。遅くまで仕事をすると、朝ぎりぎりまで寝ていたくなりますし、家に帰ってからも疲れて寝てしまうという生活をしていたためです。フリーランスになってからは働く時間を自分で調整できるようになったので、朝晩30分の情報収集を継続できています。また、読書に関してもほとんど0冊の状態から月に10冊は読めるようになりました。 おすすめの本 速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術 赤羽雄二 ¥1,620