蘇州に来たなら庭園へ!世界文化遺産「芸圃(げいえん)」に行こう

POSTED BY   mariko
2016年7月5日

蘇州といえば、古典庭園が非常に有名ですが、その1つにユネスコ世界文化遺産名簿に登録された「芸圃(げいえん)」があります。「蘇州の歩き方!美しい刺繍と古典庭園に癒やされる旅」でご紹介した蘇州刺繍研究所から歩いて10分くらいのところにあり、どちらもとてもおすすめなので、どちらか一方に行く予定がある方はぜひ両方訪れてみてください。
芸圃は、古風で美しいお屋敷と庭園が一番の見どころですが、到着するまでの和やかな住宅街の風景とのギャップも注目です。

世界文化遺産、芸圃まで歩いてみよう

芸圃に到着するまでには蘇州の住宅街の中を歩いて行く必要があります。

芸圃への案内板

芸圃への案内板

芸圃への案内板

芸圃への案内板

最初はかっちりした案内板があったのですが、進むに連れて壁に書かれた案内になっていきました。

血文字みたい…

血文字みたい…

電線に洗濯物を干してる!!

途中よく見かけたのが、絡まった電線とそこに干される洗濯物です。

densen1

あやとりみたいに絡まった電線

densen2

洗濯物干してる…

洗濯物を取り込む少年

洗濯物を取り込む少年

住宅街の中にいきなり出現した芸圃

つきましたよ、と言われふと横をみたら「芸圃」の文字が。このままずっと住宅街の風景が続くのかと思ったら、住宅街の中にありました。

P5250203

左手にある建物が芸圃でした

P5250204

入り口

物静かで自然豊かな庭園

入り口をくぐると、趣きのある建物と、清潔に管理された庭園が広がっていました。アジアの国の文化遺産などを見学すると、ゴミや臭い、虫などが気になることがありますが、こちらの庭園は綺麗に管理されていて見学しやすかったです。

P5250206

蘇州の建物はこういう水墨画のように趣がある建物が多いです

P5250210

緑が綺麗な道

P5250211

P5250212

芸圃の庭園

建物の中を進むと、綺麗に手入れされた庭園に出ます。

P5250217

池の向かい側にあるこちらの建物には、テーブルや軽食スペースがあるのですが、ゆっくりと庭園を一望することができます。住宅街の喧騒もなく、静かな時間を過ごせるでしょう。

P5250246

建物の中はこんな風になっています

P5250222

P5250223

P5250224

P5250225

P5250237

庭園を見に行ったときはあいにくの曇り空でしたが、しっとりした雰囲気もなかなか良かったです。

芸圃の観光情報

tripadviser(トリップアドバイザー)では、実際に訪れた方の口コミを見ることができます。日本人も多く訪れているようです。なお、下記のサイトでは『艺圃』と表記されています。
艺圃|tripadviser


mariko

横浜出身のまりこです。明治大学情報コミュニケーション学部卒業後、FICC、楽天などを経てフリーランスに。オンラインマーケティング、webディレクション、ライティング担当です。ゆるいイラストもたまに書きます。最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、子どもが好きです。細かいことを気にしない性格です。

関連記事

蘇州の平行路散策と伝統芸能「昆劇(こんげき)」鑑賞
2016年7月14日
旅行
江蘇省 蘇州の街風景
2016年7月7日
旅行
蘇州の歩き方!美しい刺繍と古典庭園に癒やされる旅
2016年7月2日
旅行
オランダ人の家に宿泊!おすすめのAirbnb(エアビーアンドビー)ホスト先
2016年5月21日
旅行
ゲストハウスLAMP(ランプ)で考えた地方移住と海外移住
2016年2月27日
旅行
息を呑む美しさ!フィンランドでオーロラ観測
2016年1月4日
旅行

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です