「条件付き書式」で行全体の色を自動的に変える方法(Google スプレッドシート)

2016年11月27日
生産性向上

一言まとめ 例えば、セルの値が「完了」だったら、その行全体の色をグレーにしたい時がある。 [条件付き書式]→[カスタム数式]で、セルの複合参照を利用することで、行全体に書式を適用することができる。 例えば、こんな感じのタスク管理用のシートがあるとしましょう。 「状態」を「完了」にすると自動的にその行がグレーになってくれたら便利ですよね。 「ある列のセルの値に合わせて、その行全体の書式を変えたい」ってよくあることだと思います。 「条件付き書式」を使えば割りと簡単にできますよという話です。もちろんExcelでも同じことができます。 「条件付き書式」で行全体に書式を適用する方法 「条件付き書式」はセルごとに適用する機能ですが、セルの複合参照を利用することで、擬似的に行全体に書式を適用することもできます。 やり方は簡単です。テーブルヘッダ以外のセルを選んだ状態で [表示形式]→[条件付き書式] を実行すると下記の画面が出てきます。「セルの書式設定の条件」を「カスタム数式」にして、ここでは条件を=$D2="完了"に設定しています。 解説 どうして条件を=$D2="完了"にすると、D列のセルの値が「完了」になると行全体に設定した書式が適用されるのかを疑問に思った方向けに説明します。 セルの参照方法 セルには3つの参照方法があります。「絶対参照」と「相対参照」と「複合参照」です。 表記上の違い 絶対参照:D2 相対参照:$D$2 複合参照:$D2

WordPressの「メディアライブラリ」のインポートが上手く行かない時の解決法

2016年11月22日
Web制作, WordPress

一言まとめ [ツール]→[エクスポート/インポート]で「メディアライブラリ」のインポートが上手くいかない。 ならば、メディアライブラリ関連のデータをデータベースから直接 エクスポート & インポート すればいい。 サイトリニュアルの際など、WordPressのデータ移行(引越し)が必要なときがありますよね。古いデータベースをそのまま利用できれば、そうしたほうが一番手っ取り早くてトラブルも圧倒的に少ないです。 しかし、古いサイトでプラグインを多用してると、新しいサイトにとっては不要なデータがデータベースに残存してしまうケースもあります。そういった場合は、記事やカテゴリなど、新しいサイトに必要最低限のデータのみを古いサイトから吸収して、いわば「クリーンインストール」で行きたいものです。 記事系とタクソノミー系なら [ツール]→[エクスポート/インポート] を使えば割りと簡単に移行できます。しかし、「メディアライブラリ」だけどうしても上手くいきません!これまでに一度も成功した試しがない… 画像データをサーバーにアップロードする 新しいサイトをホストするサーバーも変える場合、まずは古いサーバーの画像(wp-content/uploads)を新しいサーバーに上げておきましょう。 データベースから直接インポート&エクスポートする WordPressの「インポート/エクスポート」ツールが上手くいかないなら、最終手段として、データベース上にあるメディアライブラリ関連のデータをSQLとして直接エクスポート&インポートするのがいいでしょう。ちょいと面倒かもしれませんが、やはりこれが一番確実です。 phpMyAdmin でメディアライブラリ関連のデータをエクスポート ツールは何でも構いませんが、ここでは多くの人たちに親しまれている phpMyAdmin