IllustratorのパターンをPhotoshopのパターンに変換する方法

Illustrator CS6以降では、「オブジェクト-> パターン-> 作成」を使えば、結果をプレビューしながらパターンを作ることができるようになりました。難しいシームレスパターンでもを直感的に作成できて楽ですよね。 そんなIllustratorで作ったパターンをPhotoshopで使ったり、Webで使ったりしたいことも多々あると思います。「パターンを書き出す」の機能があってもおかしくないのですが、それがないんですよ…(※2016年7月現在) いずれは書き出せるようにはなるだろうと思いますが、それまではこの記事で紹介している方法で我慢して下さいね。 ちなみに、まだIllustratorでパターンを作ったことがないなら、以下の記事が役に立つと思います。 Illustratorでパターン素材を作成するチュートリアルまとめ Step 1. 新規でドキュメント 新規でドキュメントを作ります。 最終的にはjpegやpngなどのビットマップ画像で利用するため、詳細(Advanced)セクションのオプションを少々調整します。 Step 2. パターンを用意 今回はうちの愛猫のプーティの写真を使って適当にパターンを作りましたが、既存のパターンを利用する場合はパターンを用意しておいて下さい。 Step 3. パターンをアートボードに配置