WordPressプラグイン「Advanced Custom Fields」のフィールド名を後から変更する方法

POSTED BY  
2016年7月27日
eyecatch

WordPressデベロッパーなら誰もが知っている便利なプラグイン「Advanced Custom Fields」ですが、使ってて不満に感じたのは「定義したフィールド名を後から変更する機能がない」ことです。

後からリファクタリングしていると、「やっぱり”book”じゃなくて、”books”にすればよかった… でも、もうデータが入っているしね…」って悩むことってありますよね?

フィード名を後から変える方法

ACFではWordPressのメタデータを使ってフィードの値を保存しています。

例えばACF側でフィード名がbookのフィードを作成して、投稿ページ側でそのフィードを埋めて保存すると、データベースのwp_postmetaテーブルにmeta_keyカラムの値がbook_bookのレコードが2つ挿入されます。bookには記事で埋めた値が入っていて、_bookにはACFが利用するフィードオブジェクトへの参照IDが入ってます。

このように、ごく普通のWordPressメタデータを使っていますので、フィード名を変えたかったら、まずACF管理画面でフィード名を変えて保存します。そのあと、以下のSQL文を実行すればOKです。

UPDATE wp_postmeta
SET meta_key = '新しいフィード名'
WHERE meta_key = '古いフィード名';

UPDATE wp_postmeta
SET meta_key = '_新しいフィード名'
WHERE meta_key = '_古いフィード名';

以上、意外と簡単です!ちょっとしたTipsでした!


Hi, 中国四川出身の王です。2008年に日本に渡り、大学卒業後Web制作会社勤務を経て、現在はフリーランスとしてゆるりと働いています。サイト制作の全般を担当しています。好きな生き物はプーティ(マイCat)です。趣味はアニメ鑑賞です。画家になるのが夢だったりします!

関連記事

WordPressの「メディアライブラリ」のインポートが上手く行かない時の解決法
2016年11月22日
Web制作, WordPress
PHPの「遅延静的束縛 (Late Static Bindings)」機能、解読!
2016年10月31日
PHP, Web制作
PHPのアクセス権キーワード `private` と疑似変数 `$this` の落とし穴
2016年10月31日
PHP, Web制作
Cloudflareを使ってWordPressサイトをHTTPS化する時の流れとポイント
2016年10月25日
Web制作, WordPress
【CSS】img画像の縦横比を保ったままボックス内に収める方法
2016年8月25日
CSS, Web制作
PHPを踏み台サーバー経由でRDSに接続させる方法
2016年8月10日
Web制作, WordPress

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です