人を変化させるものとは?


日曜日に参加した菖蒲稽古会で「強くなるためにはどうすればいい?」と、YouTuberの梶谷さんが参加者に向けて問いかけました。

  • 稽古する
  • 技を出す
  • 考える

などの回答が出るなかで「強い子と一緒に稽古する」という回答がありました。

この後に、梶谷さんがノミの話を例えに環境について話をしてくれました。ノミって30cmくらい跳べるらしいのですが、コップの中に入れると5cmほどしか跳べなくなってしまうらしいんです。壁にぶつかることを繰り返して、きっと「何度やったってだめだ」って思ってしまうんですね。コップから出しても5cmしか跳べないままだそうです。

では、どうすれば元に戻るのでしょう。

それは、30cm跳べるノミと一緒に跳ぶこと

この稽古会に参加していた梶谷さんや松尾さんの話や言葉、声を聞くだけで、なんだか鼓舞されるような、こんなに頑張っている人がいるんだから自分も頑張ろうって気持ちになりました。それは書籍や動画を観て受ける刺激とは、またちょっと違うんですよね。だから、私は人に会うこと、どこかに旅して新しい情報を得ることは、人の成長や変化のためにとても大切なことだと思います。

もう一つは、黙々と、一人で孤独に行う作業。本を読んだり、疑問を突き詰めて調べたり、考えたり。本を読むことや動画を観て学ぶことも、私は旅のようなものだと思っています。

最後に、「強くなるためにどうすればいい?」という問いかけに対して出た答えについて「これ全部意識できてますか?」って問いかけも印象に残りました。一流と呼ばれる人たちは、細かいところまで気をめぐらして、きっと努力を怠らないんだろうなぁって。

剣道の稽古会で出た話でしたが、きっと仕事にも、私生活にも、人間形成にも通じる考えではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

横浜出身、オランダ在住のフリーライター&Webディレクター。ジャンルを問わないSEOライティングが得意です。ディレクションはLP・採用サイト・企業サイト・オウンドメディア、何でもやります。お仕事のご依頼は[marikoアット1design.jp]もしくはTwitterへ。[ID mariko_cabin442] 最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、漫画が好きです。細かいことを気にしない性格です。