幼児・小学生の習い事「剣道」で身につくこととは?日本と海外との違いも


7月25日発売の雑誌『剣道時代 9月号』の特集「◆少年剣道の現場シリーズ⑦◆中学・高校の継続率を伸ばせ(2)」に記事を執筆いたしました。
日本・海外の少年剣道に携わる保護者の皆様にアンケートを実施した上で作成した調査記事です。
ご協力いただきました皆様、ありがとうございます!
記事をご覧になった上で、もしご意見やコメントなどございましたら、こちらのブログ、SNS、ダイレクトメール、お気軽にご連絡ください。
それでは、以下に雑誌から記事を転載いたします。
編集前の記事なので、雑誌に掲載されている文章とちょっと違うところもあるかも。私のコメントもちょいちょい入れてます。

「生涯剣道」と言われる剣道は、ライフステージによってその役割が異なり、幼少期の子どもにとっては、感性を高めるための「習いごと」としての側面が強い。
日本と海外、10カ国の保護者を対象にアンケートを行ったところ、多くの回答が寄せられた。
ピアノや習字、野球、サッカーなど、数多くの習いごとがあるなかで、剣道の独自の特性や魅力は一体なんだろう。

「生涯剣道」が家族のコミュニケーションのきっかけに

剣道を始める理由についてまずみていこう。日本では「保護者の希望」が1位、次いで「本人の意思」が2位だった。回答のなかには、「長男の影響」「父がやっているのを見てやりたいと言い出しました。」「母親(私)が小学3年から高校生までやっていたから。子供と一緒に稽古できたら楽しいかな。と思って。」という声も。

子供の祖父が剣道をしていたので、一緒にやろうと勧められた事が大きなきっかけになりました。」という回答もあり、親・兄弟だけではなく祖父と孫が一緒に稽古をしているケースもあるようだ。

子供がきっかけで剣道を習い始める大人初心者の方も多い。
「生涯剣道」は剣道という競技の大きな特徴のひとつ。剣道を通して家族のコミュニケーションも深められる点は大きな魅力だ。

稽古が家族の交流のきっかけにも
(photo by 無料写真素材 写真AC)

海外は憧れやスターウォーズがきっかけのケースも

海外では日本の剣道はマイナー競技。それゆえ本人からやりたいと言い出すケースが多いのかもしれない。スターウォーズや漫画、アニメなどがきっかけで始める子が多いと聞くが、剣道のデモストレーションを見たり、体験して「楽しそうだったから」という人も一定数いるそうだ。
「礼儀作法を身につけてほしい」という日本的な理由で始める人は少ないとの声もある。ベルギーで指導をしている先生によると「日本の剣道ではこうゆう礼儀があるんですね」と言われることもあるようだ。

精神面での成長、体力面での成長が大きな魅力。「自信がついて積極的になった」との声も

剣道を始めてよかったこと、身についたことは、「稽古を通した成長」が1位、次いで「先輩、後輩、同学年などとの交友関係」、「健康的になった、体力がついた」と続いた。

「剣道を始める前に比べ、先生の話を聞けるようになったり、順を待つということや周りの様子を見るといったことが出来るようになったと思います」といった意見も保護者の方から寄せられている。

剣道を続けることで身につくこととしてよく挙がるのが内面の成長だ。礼儀作法はもちろんのこと、積極性が身につく、自信がついたとの声もよく聞く。いじめられていた子供が自信をつけ、強くなったと実感する保護者の方もいるようだ。

また、現代では「大きな声を出していいよ」と言われることはほとんどないのではないだろうか。騒ぐと怒られることが多いはずだ。この点で「大きな気合を出すように」と教育される剣道はストレス解消の場になっているとも言えるし、積極性・自信に繋がるのではないだろうか。

「人前に出ることをあまり好まない子だったのですが、剣道の稽古で日頃から声を出すよう教えて頂いているおかげで、小学校の運動会で応援団長を務めることが出来、大きな声が出せていました。」

また、自由回答ではこんな声も挙がった。「喘息持ちですが、剣道の稽古でだんだん体力が付き、発作の回数が減りました。」「姿勢が悪く、腰や足が痛いと言って月1で整体に通っていたが、剣道に通い始めてから、足腰が痛いと言わなくなり、整体に通わなくなった。」「剣道のおかげで、体の筋肉や体力もつき、足が早くなる等、運動神経も良くなった」。稽古を重ねれば、身体も確実に強くなる点は大きなメリットだ。

海外は「自己成長」と「倫理観を得た」が1位。「内気な子供に有益」との声も

海外の場合はどうだろう。1位は「自己成長」と「倫理観が身についたこと」だった。
自由回答のなかには「規律や自信が身についた。特にシャイな子供には有益」との意見もあった。日本と同じく、大きな声を出し闘争することで内気な子供にとっては自分の殻を破るきっかけになるのかもしれない。

ヨーロッパの少年剣士たち (Photo by KENDOFAM)

他にも、「自分の強みを見つけ弱さと向き合う機会にもなる」「誠実さを学ぶことができた」など内面の成長に対するコメントが寄せられた。
友情が深まることや、日本と同じく「ファミリー・アクティビティ」としての魅力を感じる人も多い。

国に関わらず、課題は「モチベーションの維持」

海外・日本、どちらのアンケートでもみられた課題感は「モチベーションの維持」だ。剣道を続けるにあたっては、どうモチベーションを維持するかが大きな鍵となる。

課題や悩みに関する自由回答には下記のような意見が寄せられた。
「体格や体力だけでは通用しない年齢になった際に他の道場の子らと比べて稽古量での差が明確になり、負けても仕方ない的な諦観を持ち始めた事。勉強との両立など忙しい現代の小学生の典型としてそこそこでいい的な感覚が芽生えてしまいつつある。」

約45年の歴史を持つ東京の強豪道場 昭島中央剣友会の理事長兼指導責任者の三浦先生剣道時代2016年6月号の特集「少年剣道は、いま・・・」で下記のように語った。

「試合が多いとAチームばかりに注目が集まりがちですが、「試合に出れないことはたいした話ではないんだ」という雰囲気にしないと、Aチーム以外の子たちのモチベーションがどんどん下がってしまいます。とにかく「勝つことがすべてではないんだよ」と、時折そういう意味を含めた言葉を交えて話しています。」
参照:剣道時代2016年6月号「少年剣道は、いま・・・」

剣道時代の他の少年剣道の特集記事にも三浦先生のインタビューがあったのですが、ほんとに素敵な先生で個人的に超憧れてます。いつかお話してみたいなぁ。

ヨーロッパ・ジュニアの試合風景
(photo by 佐藤まり子)

“やりきった”、”頑張った”思い出をつくる工夫

特に都内の小学生の場合は、中学受験を機に剣道を離れてしまうケースが少なくない。他の習い事や勉強との両立など、現代の小学生の忙しさを指摘する声も聞く。

発足10年でまたたく間に実績を上げ、今や全国クラスの道場である山梨健心館 館長の清野先生は下記のような工夫をしているそう。

「8月や9月などの時期になると「辞めたい」と言い出すんですが、親御さんを含めて「3月までは続けましょう、3月になったら私の方でやめていいよというから、3月までは続けてください」と説得します。・・・(中略)話し合いをした後、親御さんにもご了解をいただいて説得し、周りの仲間たちにも「3月までがんばったから」と、花道をつくって見送りをさせます。ですから、逃げてやめる子は一人もいません。」
参照:剣道時代2016年6月号「少年剣道は、いま・・・」

前述したアンケートの回答にもあったが、ライフステージの変化によって剣道を再開するケースも少なくない。たとえ一度剣道から離れたとしても、「もう一度始めよう」と思ったときに、こういった指導者の先生方の優しさはきっと背中を押してくれるだろう。

日本では指導者に対する不満の声も・・・

海外の自由回答にはなく、日本のアンケートの自由回答にのみ寄せられた悩みもあった。指導者に対する不満の声だ。
「稀に暴力的な指導者がいることは、剣道の普及・発展に悪い影響を及ぼしていると思う。」
「沢山いる指導者の中には、子供に対しても目に余るような体罰や罵声を浴びせるような感情的かつ理不尽な指導をする方もいる。保護者に対してもパワハラ言動が。それを理由で退会していくお子さんたちもいる。」

会社に於いても同様のケースが起こっているが、「自分たちの時代では暴力や体罰は当たり前だった」としても、今の世代にそれが通じるとは限らない。特に、インターネットが爆発的に普及した時代に生まれたミレニアル世代とZ世代は、これまでの世代と大きく価値観が異なるとも言われている。何気なく放った一言が、子供や親の心を剣道から離してしまうかもしれない。

子どもの成長のためにーー海外における指導者の願い

海外の場合は、そもそも試合の数が少なく、級審査を行わない場所もある。このため、子供にもっと試合をさせ、級や段を区切りとしてモチベーションにしてあげたいと願う保護者も多い。

子どもの成長の機会を作ってあげたい」とオランダ・ベルギー・ドイツの先生方が企画したのが3カ国連動の交流試合だ。それぞれの国で持ち回りで試合を開催することで、年に3回試合を行うことができる。4月には、ベルギーで「子鹿カップ」が開催され、10カ国から173名の少年・少女剣士が集まった

当日は地元のTV局も取材に来るなど、プロモーションにも積極的だ。海外で毎年こういった行事を続けることは非常に難しいのではないだろうか。指導者の先生方の想いが感じられる大会だった。

10カ国から少年少女剣士が集まった「子鹿カップ」
(photo by 佐藤まり子)

剣道を続けた先の姿

また、アンケートではこのような声も挙がった。「プロリーグがない為、目指す選手の様な存在がいないのでどの様に技量を磨いてきたなど教えにくい。」
剣道のプロといえば警察官だが、剣道を生業として生きていく選手は一握りかもしれない。しかし、社会人になってからも実業団や道場での稽古を通して剣道を続けることは可能だ。

社会で活躍する文化人、芸能人、経営者、漫画家…剣道が本職ではないが、続けてきたことが仕事にも良い影響を与えているケースがほとんどだ。

日本・海外、両方の視点から剣道の習い事としての特徴について考察してきたが、いずれの回答を見ても精神面・体力面での成長が大きな魅力に感じる。
また、剣道だけに見られる特徴として二世代・三世代で一緒に稽古できる点は大きい。課題は、多くの方が感じているように「モチベーションの維持」だ。時代が変われば価値観も変わる。子供の声に耳を傾け、その世代に合わせた方法が求められるはずだ。親も指導者も、子供の成長を見守りながら、長く剣道に携わる工夫をしていくことが大切ではないだろうか。

剣道時代 2018年 09 月号

7月25日発売の剣道時代は、昇段審査特集も掲載されています。
八段に合格なさった先生方へのインタビューや、全日本学生剣道選手権大会の大会レポートも。
巻頭インタビューは、9月に開催される世界大会にも出場する竹ノ内選手。

——-
目次抜粋
◯特集 昇段審査―準備なくして合格なし
 佐藤成明 剣道観を常に高く持つ。伝統文化としての剣道の伝承のために
 谷 勝彦×中田勝巳  「同調した剣道を心がける」「現在の段位をまっとうできているか」
  いかに自主性、主体性をもって剣道に取り組めるか/段位合格は合格した段位の修行が許された証…他
 加藤公一 体格差をハンデとしない。無駄な力を抜いた自然体の打突をめざした
  崩れない構えから溜めが生じる/空間打突の反復で無駄な力を削ぎ落とす/蹴り足の左を意識しないことで打突は速くなる…他

◯八段審査合格の秘密2018(5月編)
数馬広二 / 中田勝巳 / 鈴木康民 / 東倉雄三 / 原 忠生 / 高橋直志 / 杉本卓也 / 宇波和彦 / 中納 淳

◯完全掲載 56ページ 盛夏企画 全国高校総体への道
全国47都道府県大会全記録
◯特別レポート 弥栄高校(神奈川) 公立校初の県制覇 貫いた「弥栄流攻撃剣道」
◯少年剣道の現場シリーズ⑦ 中学・高校の継続率を伸ばせ2
◯特報 第57回全日本学生剣道選手権大会・第52回全日本女子学生剣道選手権大会・東西対抗男女
 矢野(国士舘大)、藤﨑(明治大)が初優勝
◯表紙&インタビュー竹ノ内佑也

——-

少年剣道の特集では、中学から高校に進学する際にやめてしまう子が多い、という記事も。
剣道人口の推移のグラフ(昔と比較して減少が目に見えてわかってびっくり)や、各都道府県での継続率が掲載されています。
また、「あたらしい剣道環境の仕組みをめざす」ではユニークな剣道教室経営の考え方が紹介されています。

アマゾンからも予約購入可能です^^


1 個のコメント

  • Aチームだけが注目を浴びる~に少々 地域性?なのか、Aチームにデリケートなのが入り(裏方の参加でオーダー編成の権限はなし)A以外に強心臓が入るのでA以外には「Aは、よくご存じのとおりデリケートなのが多いから観客多いと緊張するし お主たち(A以外)で観客を陽動して、Aには静かに試合させてやろう 静かな状況でならAは大物食いもやりかねないし 脇役がしっかり仕事してこそ粒よりの本隊が更に生きてくるのやで」って試合送り出します。 と言ってたのも6年ほど前の話  それ以降団体戦複数チーム出場したことありません。今年久々にで一チーム5人+補欠で団体戦出れました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜出身、オランダ在住のフリーライター&Webディレクター。ジャンルを問わないSEOライティングが得意です。ディレクションはLP・採用サイト・企業サイト・オウンドメディア、何でもやります。お仕事のご依頼は[marikoアット1design.jp]もしくはTwitterへ。[ID mariko_cabin442] 最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、漫画が好きです。細かいことを気にしない性格です。