ソーシャル・キャピタルを登録して無料で利用!オランダのコアワーキングスペース

POSTED BY   mariko
2017年6月14日

オランダに来る前に、「もし自宅でWiFiが繋がらなかったときのためにコアワーキングスペースを探そう」と、下記の記事を見つけました。

『シェアリングエコノミーで人をつなぐオランダ発のコワーキング』

日本にいるときもコアワーキングスペースはよく利用していましたが、この記事で紹介されているSEATS2MEET利用料が完全無料

いったいどんな場所なのか、オランダに来てすぐ訪れてみました。

無料で利用できる、オランダのコアワーキングスペースSEATS2MEET

建物は外観も中もめっちゃかっこよかったです。

平日のお昼ですが、けっこうな人数が利用していました

ワーキングスペースに入ると、スタッフの方が「SEATS2MEETのご利用は初めてですか?」とすぐに話しかけてくれました。
初めてです、と答えると「ではまず、わたしたちのphilosophyについてご説明させてください」とサービスについて丁寧に説明してもらいました。

SEATS2MEETは、サイトに自分のソーシャル・キャピタル(社会資本)を登録することで、施設、WiFiを無料で利用することができます。コーヒーも無料。
誰かが自分の登録したスキルを見て連絡してきて、仕事になることもあるようです。

会員登録しスキルを登録すると、施設の予約ができるようになります

私はこの日会員登録がまだだったので、その場で登録して予約をしました。ゆるい。

建物入ってすぐのところに、SEAT2MEETについて説明した看板が

軽食も食べられます

4.75ユーロで軽食食べ放題です

作業をしていると、頭も使うし小腹が減ることがあると思います。4.75ユーロ払うと軽食が食べられます。おかわり自由。

パン、チーズ、フルーツがありました

人とのつながりを作る場所

オランダに来る前に『幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)』を読んだのですが、その中でもソーシャル・キャピタル(社会資本)について紹介されていました。
洪水など災害が多いオランダは不確実な状況への対応が求められることが多く、人々は繋がりを作り、自律的に判断しつつ協力していく文化ができたそうです。
技術力や経済力ではない、社会的な関係の豊かさをソーシャル・キャピタルと本書の中では読んでいました。
個と協同体に共有された問題解決のための智慧だそうです。

幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)
紺野登
1000年に及ぶ洪水との戦いを乗り越えてきたオランダ。子どもの幸福度に関する調査では北欧諸国を抑え1位になり、低失業率で経済的にも安定を続けている。不確実な事象を乗り越えるオランダ人の力はどこから来るのか?<オランダ的思考>の強さの秘密。

こういった人との繋がりを作る場所や、家庭や職場とは違うサードプレイスは、どの年代にとっても大切な場所だと思います。
身近な例で言うと剣道の道場があげられるのですが、町道場には老若男女が集い、コミュニティの中で情報交換が行われます。
内容は、趣味、子育て、仕事、剣道自体など多岐に渡りますが、習い事より距離が近く家族より遠い距離感で、お互いが協力し合って場を作っていると感じます。

まとめ

名刺が置いてありました

まだ一度しかコアワーキングスペースは利用したことがなく、2時間程度で帰ってきてしまったのですが、自宅だけでの作業ではなく意識してこういった場所を活用していきたいと思っています。


mariko

横浜出身、オランダ在住のフリーライター&Webディレクター。ジャンルを問わないSEOライティングが得意です。ディレクションはLP・採用サイト・企業サイト・オウンドメディア、何でもやります。お仕事のご依頼は[marikoアット1design.jp]もしくはTwitterへ。[ID mariko_cabin442] 最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、漫画が好きです。細かいことを気にしない性格です。

関連記事

オランダでの銀行口座の開設と自転車保険
2017年11月10日
オランダ起業
オランダ商工会議所での面接と税務署へのオンライン登録
2017年11月10日
オランダ起業
オランダへの猫の持ち込み準備
オランダで個人事業開業!大使館で戸籍謄本の英訳を依頼
2017年6月14日
オランダ起業
自転車大国オランダで、小学生よりも遅い自転車を160ユーロで購入しました
2017年6月4日
オランダ起業
時差7時間!オランダ⇔日本のリモートワークは成立するの?

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です