『ウェルネスウォーク』に参加してきました!


虎ノ門ヒルズ近くの5A Sports LABにて開催された『ウェルネスウォーク』に参加してきました。

オランダ移住でぼろぼろになった心身を労るために…

私は2017年にオランダに渡り事業を始めたのですが、

  • 日本とは全く違う環境への適応
  • 起業・人間関係構築のプレッシャー
  • さらにコロナでのロックダウン

など…いつも気を張って身体にも力が入っていました。寝てる時も無意識に歯を食いしばってたみたいで、「親知らずが生えてきた」と疑うくらい奥歯を痛め、あごが腫れたほどです。

ヨーロッパで過ごす毎日は、日々新たな発見があって充実していた一方で、「こんなにも全てを賭けてオランダに来たのに、全然思ったように出来てない」と焦りも感じていました。

少しでも多く仕事をこなそうと常に働き、ほぼ毎日疲れて寝落ちする…みたいな生活をここ3年ほど続けてきました。

今年に入ってから特に忙しくて、剣道もランニングもほとんど出来ず、かなり太ったし体調も崩れがちに。「そろそろ自分の身体を労りたい…」と考えるようになりました。

そんな折、ご自身も元モデルで、現在はタレントやモデルさんのマジメントをなさってる 坂本亜樹さんの『ウェルネスウォーク』を知りました。

ウェルネスウォークとは?

ウェルネスウォークでは、『キレイな姿勢で美しく歩き、健康を獲得すること』を掲げています。

元モデルでウォーキングアドバイザーの資格を持つ亜樹さんが「ウォーキングで心地よく 心と身体のバランスを整えて、自分らしく生き生きし、その人らしい美しさを追求してほしい」と、スタートしました。

ブログの説明文には以下のように書いてあります。

「歩きはすべての運動の基本と言われていて、姿勢や歩き方を意識するだけで全身運動になるのです。姿勢が良くなると呼吸も深くなって、身体を動かすって気持ち良いなぁ〜心地良いなぁ〜って感じてもらえたら嬉しいです」

7月ウォーキングレッスン情報

自分では気づきにくい身体のクセ

レッスン当日は、まず室内で姿勢づくりからスタート。

壁を使ってまっすぐ立っているかチェックしてもらったのですが、反り腰になっていることが判明しました。反り腰になってると、太ももが張ってしまうそうです。運動しても太ももの肉がなかなか落ちないなーと思ってたのですが、反り腰が原因だったのかも。

歩くときに腕を全然使ってないことも判明しました…!腕の肉が落ちないことや、巻き肩も悩みの種だったのですが、鎖骨から肩のあたりが常にかたくなってて、肩甲骨を動かしていないことが原因だったようです。

そもそも正しい姿勢がどんなものかよくわかってないし、誰かに見てもらわないと、自分の姿勢の癖ってなかなか気づけないです。姿勢チェックの後に歩き方も教えていただき、すごく勉強になりました。

しかも自分の癖を意識しながら「まっすぐ立つ」には、正しい筋肉を使わないといけないので、いつもと違うところに力を入れるなど、けっこう疲れました。

この日は晴れてて気温もあたたかく、散歩日和でした!

室内でのレッスンのあとは、習った姿勢や歩き方を意識しながら東京タワーまで散歩をしました。気温もちょうどよくて気持ちよかったです。

主催の亜樹さんのお人柄がいいからか、参加者の皆さんもいい人ばかりで、レッスン中も笑声が絶えませんでした。

****

「歩く」だけでも、一つ一つ動作を意識すると普段使わない筋力を使うので、いい運動になります。「歩くこと」は誰でも手軽にできるので、体力に自信がない方や走るのが苦手な方でも楽しんで参加できるのではないでしょうか。

ここ4ヶ月くらい、ランニングは月100km走るのを継続してて、ちょっとずつ体重・体脂肪も落ちてきたのですが、体の歪みや筋力低下、あと基礎代謝がかなり下がったことに気づきました。日本に帰ってきてから少しずつ忙しさも落ち着いてきたので、「歩き方」だけではなく、これからも身体のケアについて考えていきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

横浜出身、オランダ在住のフリーライター&Webディレクター。ジャンルを問わないSEOライティングが得意です。ディレクションはLP・採用サイト・企業サイト・オウンドメディア、何でもやります。お仕事のご依頼は[marikoアット1design.jp]もしくはTwitterへ。[ID mariko_cabin442] 最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、漫画が好きです。細かいことを気にしない性格です。