蘇州の歩き方!美しい刺繍と古典庭園に癒やされる旅

POSTED BY   mariko
2016年7月2日

2016年5月に中国 江蘇省(こうそしょう)に旅行に行って来ました!これまでに中国の四川省や雲南省に行ったことがあったのですが、江蘇省を旅したのは初めてです。
色々と見どころがあったのですが、何回かに分けておすすめの観光スポットをご紹介します。

今回旅行した地域

江蘇省には、上海から入りました。日本から上海まで飛行機で3時間ほどなので近いです。江蘇省には13の市があり、今回はその中でもメインとなる蘇州市、泰州市、揚州市、南京市を順番にまわりました。

刺繍(ししゅう)ってこんなにすごいの?蘇州市の刺繍に感動

刺繍(ししゅう)と聞くと何を思い浮かべますか?よく中国土産で見かける刺繍ポーチを私は想像していたのですが、予想を遥かに超え、驚くほど美しかったのが蘇州の刺繍です。蘇州と言うと、庭園や街並みが観光名所として挙げられるのですが、今回の旅で一番印象に残ったのがこの刺繍でした。蘇州を旅する方には、刺繍研究所にぜひ足を運んでいただきたいです。
建物自体も趣があって綺麗で、まるでアトリエのような雰囲気があります。建物の中には庭園もあり、とても美しいです。あとで知ったのですが、この建物は環秀山荘と呼ばれていて、世界遺産に登録されているようです。美しい場所だからこそ、美しい物が創れるんだなと思いました。

刺繍職人さんの作業風景

刺繍職人さんの作業風景

手元のアップ

手元のアップ

見本の絵

見本の絵

糸のパレット

糸のパレット

風景画も刺繍で表現しています

風景画も刺繍で表現しています

これは大作!

これは大作!

写真を刺繍で表現している方も

写真を刺繍で表現している方も

アトリエのような場所

作業場はアトリエのような雰囲気でした。窓からは、素朴で綺麗な建物に囲まれた中庭を眺めることができます。また、世界遺産の一つである古典庭園もこの敷地内にあり、刺繍だけではなく庭園もゆっくりと堪能することができるでしょう。

P5250151

ちょっとした作業場の風景も美しいです

P5250094

建物は広く、緑が綺麗です

P5250120

建物内の風景

P5250126

建物内の風景

P5250178

建物内の風景

完成品はこちら!

糸で色々な表現をしています。両面刺繍といって、ひっくり返すと全く違う柄になっているものあります。

光が当たると、糸がきらめきます

光が当たると、糸がきらめきます

ゴッホの絵も刺繍で再現!

ゴッホの絵も刺繍で再現!

光が当たると、通常の油絵にはない煌めきがあって綺麗です

光が当たると、通常の油絵にはない煌めきがあって綺麗です

かなり大きなサイズの作品です

かなり大きなサイズの作品です

こちらの花も刺繍。光のあたり方によって表情が変わります。

こちらの花も刺繍。光のあたり方によって表情が変わります。

蘇州刺繍研究所を見学しよう!

最後に、蘇州刺繍研究所の情報を載せておきます。こちらの写真は、入り口と看板です。外国からの観光客も多いらしいです。本当に見応えのある刺繍ですので、ご興味ある方はぜひ訪れてみてくださいね。

P5250079

刺繍研究所の入り口

入り口にある看板

入り口にある看板

苏州刺绣研究所(蘇州刺繍研究所) Suzhou Embroidery Research Institute|トリップアドバイザー
ユネスコ文化遺産に登録されている庭園『芸圃』も歩いて10分ほどのところにあります。


mariko

横浜出身のまりこです。明治大学情報コミュニケーション学部卒業後、FICC、楽天などを経てフリーランスに。オンラインマーケティング、webディレクション、ライティング担当です。ゆるいイラストもたまに書きます。最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、子どもが好きです。細かいことを気にしない性格です。

関連記事

格安バスでヨーロッパ旅行!オランダ・ベルギー間が片道14ユーロ
蘇州の平行路散策と伝統芸能「昆劇(こんげき)」鑑賞
2016年7月14日
旅行
江蘇省 蘇州の街風景
2016年7月7日
旅行
蘇州に来たなら庭園へ!世界文化遺産「芸圃(げいえん)」に行こう
2016年7月5日
旅行
オランダ人の家に宿泊!おすすめのAirbnb(エアビーアンドビー)ホスト先
2016年5月21日
旅行
ゲストハウスLAMP(ランプ)で考えた地方移住と海外移住
2016年2月27日
旅行

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です