2019年のざっくりとした振り返りと2020年の展望


ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
年が明けて初めて書く記事なので2019年をざっくり振り返りつつ、2020年の展望を書いてみようと思います。

ライターとしての活動

私は普段ライター業をメインで活動しています。2019年は色んな領域の記事を書きました。

  • フリーランス
  • 働き方
  • SDGs(オランダ中心)
  • Fintech
  • 資金調達、資金繰り
  • 法人向けのクレジットカード
  • ファクタリング
  • 確定申告、納税
  • オランダ移住
  • 海外剣道

フリーランスになってから今年で6年目。そのうち株式会社を作りたいけど、まだ当面はフリーランスでいる予定です。なので、自分がフリーランスとして生きていく上での気づきや得た知識を引き続き発信していきたいです。

わたし、学生の頃からお金に関する記事を書くのが好きで、FX・株式投資・クレジットカード・マイルなどいろいろ書いてきたのですが、最近は自分の働き方の影響もあってフリーランスの資産形成や資金調達系にも興味が広がってます。この辺りも今年はいろいろ調べて書いていきたいと思ってます。

SDGsに関しては、オランダやヨーロッパは日本と違う取り組みや雰囲気があるので、違いを伝えていきたいです。企業取材する機会が増えるので、英語インタビュー頑張ります。

シェアオフィスの契約

2019年11月からシェアオフィスに入居しました。デスクスペースのみの契約なので使えるスペースは少ないですが、自分一人稼働する分には十分です。独立してから初めてのオフィス契約なので、嬉しい。

入居したシェアオフィスは1Fがコワーキングスペースになっているのですが、2F3Fのオフィススペースと利用している人が明確に違うことに少し驚きました。お金払って自分のデスクスペース持ってる訳なので、わざわざ無料コワーキングの場所に降りて来ないのも当たり前かもしれないのですが、2年以上使ってて初めて会う人もたくさんいました。オフィススペースに入居している人たちも、特色があって面白いです。

剣道の道場を始めた

2019年の秋から剣道道場「春心会」を始めました。「初心を忘れずに」という気持ちを込めて(春の心=初心)という名前にしています。

まだメンバーは5人。新規メンバーの募集やワークショップも少し落ち着いたらはじめていきたいと思ってます。同じ道場の友達はオランダ代表選手だったりするので、一緒に稽古する仲間の試合を応援するのも楽しいです。この一年でどんなことが起こるのか、どんな出会いがあるのか…。2020年は「大人の部活」を楽しむ1年にしたいです。

事業拡大

オランダでは個人事業の他に、Kendo Vault(ケンドー・ボルト)という翻訳・通訳事業も友達と一緒にやってます。この事業ももう2年目になりました。最初は雑誌「剣道時代」の英語版Webサイトの翻訳のみ行なっていましたが、最近はそれ以外の仕事もするようになってきたので、名前をVault Link(ボルト・リンク)に変えようという話が出ています。

これまで、プロジェクトにジョインすることはあっても自分で旗揚げをしたことはなかったので、チームで仕事をする楽しさみたいなものを経験させてもらっています。2018年に2人ではじめて、2019年は2人メンバーが増えました。まだまだ「事業」と言える規模じゃないけど、もっと大きくしていきたいです。

振り返りの習慣化

数年前から日記を続けているのですが(ほぼ日手帳を愛用してます)、2019年はさらに大学の後輩と一緒に振り返りの会議もはじめました。週末に1時間ほど電話をして、その時に一週間の振返りと翌週の目標を立てます。

この会議を3ヶ月続けて気づいたのですが、本当に毎日毎日毎日まじで同じことの繰り返しなんですよ。「毎日同じことしかやってないんじゃ、こりゃ成長しないわな」と。でもこれって逆に、日々の行動一つ一つの積み重ねが成長に繋がるということです。言葉にすると当たり前だけど、振り返りを通して習慣化の大切さを痛感しました。なので引き続き剣道がんばったり、走ったり、記事を書き続けようと思います。しかもこれ続けたとしても試合勝てるかわからないんですよね。だから、習慣化するだけじゃなくて質を高める努力と、工夫が大事なんだなと思いました。

ちなみに、後輩とは近況報告や妄想会議もしています。後輩は32才一般会社員男性なのですが、後輩を主役に「有村架純が彼女になる」「情熱大陸に出演」「32才男性異例のモーニング娘。合格」などをテーマに物語を作って遊んでます。

(左)4月始まり2019年のほぼ日手帳。(右)1月始まり2020年のほぼ日手帳。

英語とオランダ語

夏の剣道セミナーで通訳をやったことや、剣道の記事の翻訳、あと秋ごろから英語圏の人とデートしたりしてて、英語で喋る機会が増えました。

秋に一度ブルガリア人とデートしたのですが(ナンパされた)、私が適当に日本語で相槌打ったりするのをすごい真似してくるんですよね。ほんとムカついてめっちゃ口汚く罵りたかったんですけど、私基本的に育ちが良いので汚い英語がわからなくて。英語でコミュニケーションを取ってて、一番フラストレーションが溜まるのも上達するのも、相手を罵りたい時だなぁと実感しました。

このブルガリア人と比較してはじめて気づいたのですが、剣道の友達は結構根気強く話を聞いてくれます。理解しようとしてくれてるんだなーと、友達のありがたさを実感しました。

2020年はオランダ語も頑張りたいと思います。ちょいちょい勉強してるんですけど、剣道で知り合った少年少女たちともうちょっとコミュニケーションとりたいです。

まとめ

こんな感じで、今年もマイペースにブログを更新していきたいと思います。2020年もよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

横浜出身、オランダ在住のフリーライター&Webディレクター。ジャンルを問わないSEOライティングが得意です。ディレクションはLP・採用サイト・企業サイト・オウンドメディア、何でもやります。お仕事のご依頼は[marikoアット1design.jp]もしくはTwitterへ。[ID mariko_cabin442] 最近、剣道五段に受かりました。旅行と読書と寝ることと、漫画が好きです。細かいことを気にしない性格です。